自然と便利さが両立した街 | スペースを有効活用する| 生活しやすい狭小住宅

スペースを有効活用する| 生活しやすい狭小住宅

自然と便利さが両立した街

高齢者に暮らしやすい立地

若い頃は通勤通学に便利な都市部に家を構え、高齢になったらのんびり過ごせる田舎暮らしが理想だと言われていたのは過去の話です。子育てファミリー世代は自然豊かな田舎暮らしを、高齢になったら便利な都市部で暮らす方が現実的です。これから家を建てる人は、高齢になった時のことを考えて土地を探す必要があります。首都圏にも子育てファミリーと高齢者世代の両方に適した土地があります。それが日高市です。埼玉西部に位置しており、交通アクセスが悪かったために開発が遅れていたエリアです。しかし近年、八高線の電化によって川越から八王子まで直通電車が走るようになり、交通アクセスが一気に良くなったのです。日高市には関東最後の清流といわれる高麗川が流れ、豊かな自然があります。また電化によって都心部への通勤通学にも便利になっています。若いファミリー世代にも高齢者にも満足できる土地、それが日高市です。

広い庭の二世帯住宅が理想

日高市では中心となる高麗川駅周辺の開発が進んでおり、地価も上昇傾向にあります。それでも他のベッドタウンに比べれば安く購入できます。駅周辺から少し離れれば広い土地の一戸建てがアパートの家賃並の住宅ローンで手に入れることができます。ファミリー世代と高齢者世代の二世帯住宅が可能になります。将来の介護の問題を考えると、早めに二世帯同居できる環境を整えておくことはとても大事です。発展途上の街、日高市だからこそそれが可能になるのです。日高市で土地を探すのなら、インターネットで検索するよりも現地の不動産屋を訪ねた方が良い土地を見つけられます。なぜかというと開発中のエリアなので市場が流動的なのです。良い土地が売りに出ても、ネットに上がる前に業者間で取り引きされてしまうのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加