スペースを有効活用する| 生活しやすい狭小住宅

家

工夫次第で変わる住宅

地方からの移住者も多い東京ですが、憧れの地でマイホームを建てるのは、お金と土地に関して大変な面もあります。東京は地方に比べて地価と物価が高い地域なので、土地を買うにも住宅を買うにも多額の資金が必要になります。東京で新築一戸建てを持ちたい、大切な家族とリラックスできる住居が欲しいなら、狭小住宅を選択すると良いです。土地面積が狭く周囲を住宅に囲まれている、もしくは公の道路が通っている場合は、狭小住宅が最適です。土地も建物も狭いですが、暮らしには不便が無いよう設計されているため、安心できる住宅へと仕上がります。狭小住宅の特徴は無駄なスペースを作らない事であり、階段下を収納として利用したり、部屋の角地も有効活用します。また部屋が狭く感じないよう、天井を高く設けたり、部屋に間仕切りを作らない等の工夫も見られます。

昔から住んでいる人もいれば、新しく移住する人もいる東京は、暮らしている地域によって雰囲気が異なります。都心に近いほど高層ビルやマンションが多く見られますが、少し離れた場所では一戸建て住宅がたくさん並んでいます。裕福な資産家が住んでいる地域もあれば、若い世代を中心とした街づくりを行う地域もあるため、様々な特色が見られるのが東京です。また自営業も多く店舗兼住宅という家庭も多いため、これを利用すれば住宅と店舗の建築を一気に済ますことができます。また、自由度の高い設計を行うことで、土地の狭さをカバーすることもできるのです。効率の良い収納や動線の確保、日差しの取り込みや水廻りの位置等、設計次第で暮らしはもっと快適になります。

自然と便利さが両立した街

これから家を建てるファミリー世代は、高齢になった時のことを考えて土地選びをするべきです。環境が良くて、交通の便も良い場所が理想です。首都圏では日高市がそれに該当します。八高線の電化によって川越から八王子まで直通電車が開通しています。豊かな自然とアクセスの良さが両立する街です。開発中の今が狙い時です。

本当に知りたい!

環境の良いところとは

住まいの環境条件を、社会環境と自然環境の両面からチェックして、東久留米市の土地を探してみましょう。同じ家族でもニーズは一人一人違うので、全員の視点で住みやすい環境かどうかじっくり考えるのがポイントです。ニーズが多く、条件が具体的だと絞り込みやすくなります。

本当に知りたい!

健康で笑顔

家を建てる場合は、天然素材を使用するなど、健康を意識した家づくりをしている業者を探してみましょう。福山の注文住宅会社では有害物質を吸い込まないような方法を取り入れたり、断熱性を高めたりして健康で夏でも冬でも過ごしやすい家づくりをしています。

本当に知りたい!
このエントリーをはてなブックマークに追加